昔みたいにダメな私を調教してください

美巨乳いい女・彩月あかり。夫は、だんだん私の性欲にはついてこれず、淡白で数が少ないセックスが悩み。そんなあかりを、優しく包み込んでくれたのは、過去にご主人様と呼んでいた男であった。強めの口調で言われるがまま、指示に従い気持ちよくして下さいと乞う。丁寧なフェラで玉まで舐め、ちんこが挿入されると悦び、中出しを受け入れる。やはりこの男しかいないとあかりは満足した様子であった。

言いなり温泉の旅 〜そんなに焦らされたら濡れ過ぎちゃう〜

待ちに待った彼との温泉旅行、嬉しくてすぐにでも濡れちゃいそうな「彩月あかり」はたまらなくエロいんです。 旅館の部屋でキスをされて、すぐにエッチを楽しめるのかと思いきや焦らしてくる彼。「お尻を見せて」、「オナニーしてみて」と好き勝手言ってくる彼の言われるがままパイパンを大きく開いてねっとりオナニー。お風呂の中でやっと自分のことを触ってきてくれる彼の愛撫やクンニは気持ちよくて仕方ないようで、喘ぎ声を浴室に響かせて感じまくります。お部屋に戻って浴衣から巨乳をこぼしながら、最高に気持ちいいセックスで最後はもちろん中にたっぷり出してもらって、エロさ爆発!